浮気調査の方法と探偵を選ぶ方法とは

浮気調査の方法と探偵の選び方

浮気調査を探偵に依頼しよう

パートナーに浮気をされたら、自分で浮気調査をして、浮気の証拠をつかもうとする人もいますが、浮気の証拠を無事に手に入れて、離婚の手続きから慰謝料の請求まで全て一人でおこなったという人は稀なケースです。
インターネットで調べてみると、自分で浮気調査をする方法はさまざまなサイトで確認することができます。どの方法も、個人で浮気調査をするのに適した物で、大変参考になるのですが、これらの自分で浮気調査をする方法を紹介したサイトの多くが、最後に、「慰謝料を請求するなら、浮気の確実な証拠を」といった内容が書かれています。
自分で浮気調査をしたら、浮気の確実な証拠もなにも、調べた物が浮気の証拠になるのでは?
と思った人はいるでしょう。
しかし、実際には、個人で集めた浮気の証拠が、裁判で認められないことがあり、浮気をしたパートナーと浮気相手に慰謝料を請求しても、慰謝料を取ることが出来ない場合があるのです。
どうして、そんなことになってしまうのか、浮気をされた人は納得できませんよね。
浮気をされたのに、慰謝料を取ることができないのは、裁判所が自分で集めた浮気の証拠を、「浮気をしたと認められない」と判断したからです。
そんな理不尽なことあるの?と思った方もいると思いますが、裁判や調停では、申し立てをした人に味方をするものではなく、申し立てがあったから、裁判所や調停員が当事者達の中間に立ち、客観的に物事の判断を行います。
ここで言うなら、浮気をされた人が集めた浮気の証拠が客観的に見て、浮気をしたと断定できる物でなかったということです。
では、どのような証拠が客観的に見て浮気をしたと認められる証拠なのかというと、これらは探偵が行う浮気調査で集まる証拠を参考にするといいでしょう。
探偵がおこなう浮気調査は、裁判や調停で、第三者が客観的に見ても、「浮気をしていたと認める証拠」を集めます。自分でおこなう浮気調査で集めた証拠と、 探偵が行う浮気調査で集めた証拠で具体的に何が違うのか、ひとつ簡単な例を挙げると下記のようになります。

自分1人で浮気調査をして集められる浮気の証拠

・パートナーと浮気相手が連絡のやりとりをしたメール。
・パートナーと浮気相手の電話の内容(盗み聞いた)。
・パートナーと浮気相手の手紙のやりとり(実際の手紙)。
・パートナーの車に残っていた、浮気相手の物と思われる女性用のアクセサリー。
など。

探偵が浮気調査をして集める証拠

・パートナーと浮気相手が「肉体関係を持っている」と証明する証拠
自分でおこなう浮気調査で集めることができる浮気の証拠をいくつかずらずらと並べてみましたが、探偵の浮気調査で集める浮気の証拠は1つだけです。
浮気の証拠が1つと言うと、たったそれだけ?と思ったかもしれませんが、離婚の手続きや慰謝料の請求で何よりも重要なのは、他者から見ても、あきらかに浮気をしたとわかる証拠です。その証拠というのが、肉体関係を持っているか否かです。
パートナーと浮気相手のメールや電話のやりとりをいくら集めても、それだけでは肉体関係を持っているとは限りません。メールや電話の会話の中に、肉体関係を思わせるワードがあったとしても、パートナーや浮気相手が「ふざけていた」、「冗談だった」と言って、浮気を認めなければ、浮気の証拠とするには弱いです。
一方で、探偵が浮気調査で集める浮気の証拠とは、パートナーと浮気相手が一緒にホテルへ入っていく瞬間と、ホテルから一緒に出てくる瞬間といった、肉体関係を持っていると他者から見てもわかる証拠です。ここまでの証拠を揃えると、パートナーも浮気相手も否定するのは難しく、さらに複数回にわたってホテルを利用する姿を写した証拠があれば、まず確実に浮気をしていたと思われます。
自分で浮気調査をすることはできます。そして、探偵のように浮気と認めさせることができる浮気の証拠を個人の浮気調査でも手に入れることはできるとは思います。
しかし、探偵並の浮気調査と証拠を集めるには、調査の素人には難易度が高く、浮気調査に失敗する可能性はかなり高いでしょう。
そこで、少し費用がかかったとしても、浮気調査は調査のプロである探偵に依頼するのが良いのです。
ですが、探偵事務所もいろいろとあります。日本全国に数千件の探偵事務所や興信所があり、そのなかから、浮気調査を依頼する探偵を探すのは結構たいへんです。
ここでは、そんな探偵を選ぶ方法から、浮気調査の方法について詳しく紹介していきます。